基本を理解しましょう

うまく業者を選ぶこと

ミニカー

タイヤの持ち込みをして交換してもらうと言うのであれば、まずはこちらでタイヤを用意することが非常に大事です。地域によっては毎年、シーズンごとに交換することになるので、夏タイヤと冬タイヤの両方を用意しておくようにしましょう。もちろん、自分で交換することが出来るならそれが1番ですが、無理は禁物です。スムーズに交換したいと考えているなら、ある程度お金を支払ってでも、持ち込みをして業者にお願いした方が無難だといえます。業者によって、値段も全く変わってくるので、最初の業者選びが非常に大事です。交換した後も、アフターサービスを提供してくれるような、良心的で信頼性の高い業者を選んだ方が良いでしょう。車を購入したディーラーが、タイヤの持ち込みさえすれば無料で実践してくれることが多いです。場合によっては、ガソリンを入れるついでに、ガソリンスタンドで診てもらうのも悪くない選択肢だといえます。こちらは基本的に料金が発生しますが、顔見知りのガソリンスタンドであれば無料でやってくれる場合も多いので、相談に乗ってもらうと良いでしょう。タイヤの持ち込みをした時も、完全に信頼せず、自分で空気圧のチェックをすることが非常に重要です。プロに交換してもらったのであればほぼ問題は無いはずですが、自分でも空気圧のチェックができるように、専門の機器を用意しておいた方が賢明だといえます。当然ながら、車に合ったサイズと言うものもあるので、前もって確認をしておいた方が良いでしょう。

通販の影響が大

レディ

車の整備工場などにインターネット通販やオークションで購入したタイヤを持ち込み、タイヤの交換だけをお願いする人が増えています。最近は特にインターネット通販に特化したネットショップの存在がこの持ち込みのみを依頼する傾向に拍車をかけています。インターネット通販専門ショップは通常の実店舗で購入するよりかなり格安で販売しています。オークションで落札するのが一番安く手に入れる方法ですが、購入した商品の状況が不安であったり、盗品の出店もあったりします。オークションだと最大のネックとなるのは交換を自分で行うか、行ってくれる店を自分で探さなくてはなりません。オークションで購入した製品を持ち込むパターンが数年前から増えていますが、一番多くなっている要因はインターネット通販専門店の存在です。ネット専門店は最近では日本全国にタイヤの持ち込み交換に対応してくれる提携ショップを用意しています。ネットで購入した商品を持ち込み交換実行店に直接送り込む事も可能なお店も存在します。ネット専門店によっては手数料や工賃も販売価格に込みとなっているショップもございます。ガソリンスタンドや自動車パーツ販売店やディーラーより確実に格安で買えるのでとても人気が高くなっています。タイヤは今までは実店舗で現物を見てから購入していましたが、これからはもっともっとインターネット通販専門店で買うケースが増えると考えられます。これらのネット専門店は今後ますますサービスを強化し、主流となってくると考えられます。

交換に際しての注意点

車

タイヤをガソリンスタンドなど、専門店に持ちこんで交換してもらう場合、事前に確認しておくことがあります。慣れている方であれば問題ありませんが、タイヤ持ち込み交換を初めて行う方は注意しておきましょう。タイヤ持ち込み交換を行う場合、自分で現品を用意する必要があります。この場合、様々な方法がありますが、オススメはインターネット通販です。ネット通販サイトの中には、ガソリンスタンドやカーショップなどの専門店より安く販売しているところがありますので、一度検索してみるといいでしょう。また、通販サイトで購入する場合、1つのお店だけでなく、複数社を比較検討してください。お店を比較検討することで、条件の良いサイトが見つかる可能性があるからです。後は、その中から自分に合ったお店を選択してください。次の注意点は、タイヤの郵送先です。郵送先としては、自宅と持ち込み交換を行うお店の2つになりますが、お店側が許可している場合は、そちらに届くように手配した方がいいでしょう。自宅でも構いませんが、大きさによっては保管場所に困る場合があります。また、ガソリンスタンドなどの専門店に持ち込みする際の手間もかかりますので、できれば持ち込み交換に対応したお店に直接送ってもらうようにしてください。なお、こちらもインターネットで検索できますので、一度試してみるといいでしょう。この場合は、タイヤ直送に対応しているお店を見つけましょう。タイヤの持ち込み交換を行う場合、以上の点に注意してください。