ウェイタースポーツと車

車の消耗品投資について

車と錠前

ウィンタースポーツを趣味にしている方は、自動車関連での投資は大きいことでしょう。理由は明白で、雪国に訪問することがよくあるからです。遠距離を運転することによる燃料代や雪道の走ったことによる汚れ対策もさることながら、なんといってもタイヤに関連した支出が圧倒的に多いことでしょう。内容的には、タイヤ購入、タイヤ交換やタイヤの劣化管理が主となります。タイヤ購入は、調べればすぐわかりますが、ネット通販による購入が圧倒的に安価に手に入ります。しかしながら、交換作業はサービスにはいっていないため自分で作業手配をする必要があります。タイヤ交換作業は、もちろん個人による対応も可能ですが、持ち込みによるサービスを利用している方が大半です。カー用品店やガソリンスタンド、ディーラー等ほとんど車関連のお店で持ち込みによるタイヤ交換サービスに対応しています。ただし、持ち込みサービスの価格は場所によって異なってくるため、自宅周辺のお店の値段は調べておくべきでしょう。またこれらは、予約で実施するケースも多いので、もし時間がないのであればそのあたりも考慮にいれておくと良いでしょう。最後に、タイヤの劣化管理です。これは、タイヤを持ち込み、カー用品店、ディーラーなどで専用の倉庫に保存してくれるサービスです。温度湿度管理がされるため、性能を保ちつつ長期保存をしてくれます。また、当然ながら自宅のスペースが不要になるので、魅力的なサービスと言えるでしょう。ただし、値段もそれ相応にするため、タイヤ自体の価格や使用頻度を考慮にいれながらサービスの利用を検討した方が良いでしょう。

どういう視点で選ぶのか

ミニカーを持つ人

車のタイヤを交換してもらうときに、出来るだけ費用を安くしたい人に是非おすすめしたいのが、インターネットのオンラインショッピングです。オンラインショッピングではディーラーやガソリンスタンドなどで購入するよりも確実に安くタイヤを購入することが出来ます。オンラインショッピングで購入した場合には持ち込み可のお店で交換を依頼しなければいけません。持ち込み可のお店は以外と少なくて、結構嫌がられますのでお店探しに苦労するかもしれません。持ち込み可でタイヤを交換してくれるお店として、安いのはガソリンスタンドです。ガソリンスタンドはアルバイトの人が交換をやっていることが多いので、人件費が安い分、工賃が安いです。しかし、アルバイトは経験が浅いので、ボルトの締め付けが弱かったり、車に傷を付けたりといった心配はあります。車を購入した行きつけのディーラーであれば持ち込みでタイヤを交換してくれるかもしれません。ディーラーは車に詳しいメカニックがいますので、技術に問題ありませんが、工賃は高めになってしまいます。チェーン展開していない個人営業の整備工場も結構穴場と言えます。工賃もディーラーよりも安いですし、技術も成熟している整備士がいるからです。出来れば、車検と同時にお願いすれば、工賃をぐっと安くやってくれることもあります。いずれにしても、オンラインでタイヤを購入する前に持ち込み可のお店を探しておくことをおすすめします。

スタンダードが好まれる

車内

タイヤを交換する場合、ディーラーなど車専門店の業者に依頼する場合と、自分自身で交換する場合の2つに分けることができます。そして多くの人が、業者にタイヤを持ち込み交換をしてもらうという選択を取る傾向があります。やはり面倒ですし、今では安価にタイヤを交換してくれることが多くなっているため、必然的な結果と言えます。では、業者としては、どのようなタイヤを好んで交換をしてくれるのかと気になるところ。変なタイヤを持ち込みをして交換をしてくれなかったということは避けたいため、気になってしまうわけです。ともあれ、やはり好まれるタイヤは、スタンダードなタイヤになります。ごく一般的なものであれば、業者側も簡単に交換することができるため、喜んでサービスを提供してくれます。また、タイヤには色々な種類があります。有名所であれば、スリックとスタッドレス。こちらも一般的なものであれば、持ち込みでも問題なく交換してくれます。難しいのは、インチアップする場合です。ある程度のインチアップは見栄えがよくなるものの、度が過ぎると乗り心地は悪くなることで有名なタイヤです。こちら、業者としては、それなりに気を使って交換をしていかないといけないため、一般的なカー用品店の場合、断られてしまう可能性も。ともあれ、持ち込みをする場合は、交換をしてくれるかをしっかりと事前に確認をしておくとよいでしょう。インチアップした特殊なものになってくると追加料金も徴収される可能性もあるため、なおさら確認が大切になってきます。