自動車に関するサービス

足回りのメンテナンス

整備士

自動車を所有している方の多くが、安心して自動車に乗りたいと考えています。そうした場合、足回りのメンテナンスをしっかりと行うことが重要です。そうすることで、安定した走行をすることができ、事故を起こす可能性が低くなります。足回りのメンテナンスで特に重要なのがタイヤのメンテナンスです。なぜなら、タイヤは使用しているうちにすり減ってしまい、安定した走行ができなくなってしまうからです。タイヤのセンター部分が磨耗してしまうセンター摩耗や両端が摩耗するショルダー磨耗、片側だけ磨耗してしまう片減りなどがありますが、どの状態になったとしても危険です。また、ひび割れていても危険です。そうした場合には、タイヤを交換する必要があります。タイヤ交換は、タイヤを販売している業者で行うことが一般的です。タイヤは、販売業者で購入するよりも安く手に入れることができることもあります。それは、知り合いから譲ってもらうことができたり、ネットオークションなどで安く購入することができることがあるからです。タイヤを自分で手に入れ、業者に持ち込み、交換をしてもらえば費用を安く抑えることができます。持ち込み交換をすれば、交換費用だけの負担になるからです。業者で持ち込み交換をしてもらう以外にも、ガソリンスタンドで持ち込み交換をしてもらうこともできます。費用は10,000円以下となりますので、頻繁に交換が必要な場合でも金銭面で困りません。

予約制で作業の効率化

ドライバー

現在、インターネットで購入したタイヤを、持ち込みで交換する業者が注目されています。従来はカーディーラーやタイヤ専門店などで、購入とセットで交換も依頼していました。この場合の値段は店頭価格なため、インターネットでの購入よりも割高感がありました。また、交換工賃も割引されないので、相当な費用がかかっていたわけです。一方、持ち込み交換の場合は、インターネットで購入した低価格のタイヤを、サービス料金の専門業者でタイヤ交換してもらえるわけです。それ故、従来の方法と比べて、数千円のコスト削減が可能になります。その他、以前使用していたスタッドレスタイヤをサマータイヤに交換するなど、タイヤ交換専門業者ならではの施工が受けられます。持ち込み専門店が安いのは、予約制ととっているので、作業効率が上がることが一つの理由です。人件費が安く出来ることに加え、商品販売に人手をさく必要もないので、作業に特化出来るわけです。また、専門店ならではの、最新のタイヤチェンジャーが導入されているのも強みになっています。持ち込み専門店は予約制なので、ユーザー側としてもメリットがあり、作業の待ち時間が少なくて済みます。また、専門店では、作業のスピードと効率重視なので、ベテランのスタッフが揃っています。それ故、仕上がりに関しては高い信頼性があり、安心して任せることができます。トラックなどの大型タイヤの場合は、専門店に直送することも可能になっており、面倒な運搬の手間を省けるのも魅力です。

脱着だけなら費用は安い

男性とタイヤ

パーツの持ち込み取り付けができる自動車整備工場やオートショップは数多くありますので、通販で取り寄せたタイヤも、そのお店に頼めば交換してもらえます。作業工賃は交換タイヤのサイズで異なる場合が多く、例えば1本あたり17インチまでなら1000円、18インチや19インチなら1500円など、段階的に設定されているのが一般的です。殆どの場合、交換料の中にバランス調整料は含まれていますが、バランスを取るのが難しいRV用タイヤでは、別料金になっているケースもあります。バランス調整は個別作業として1本500円などの料金で提供している場合も多いですから、調整作業だけを頼むことも可能です。細かな料金設定は各業者で違うため、正確な金額などを含め、利用する時は予めチェックしましょう。また、持ち込みパーツを取り付けてくれる業者では、ホイールにゴムタイヤが装着された状態のタイヤ交換も頼めます。この場合はゴムタイヤの組み換え作業がなく、タイヤをホイールごと脱着するだけですから、交換料は1本750円など、1000円未満でできることが少なくありません。そのほか、持ち込みタイヤに交換した後は空気を入れますが、窒素ガス注入をオプションメニューとして用意している店舗もあります。乗用車やRV車により2000円や3000円など、料金に違いが見られる場合はありますが、タイヤの空気が抜けにくいとされる窒素ガスは、持ち込みタイヤの交換でも人気です。